SNSフォローボタン
kuurinをフォローする

WordPressのインストール方法【ロリポップ!】編

WordPress

ドメイン取得が済んで、レンタルサーバー契約が終わったらWordPressをインストールしましょう。

WordPressのインストール方法

ロリポップからWordPressのインストール


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

番号順に入力していきます。

①インストール先のURLを選択(独自ドメイン)

②サイトのタイトルブログのタイトル

③ユーザー名WordPressログインID

④パスワードWordPressログインパスワード

⑤メールアドレスWordPress管理用

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◇サイト名は作成後も変更可能です◇

※ユーザー名とパスワードはサイトにログイン時必要ですのでメモをして下さいね。

入力内容を確認

内容に間違いなければ、承諾するに✔を入れて、インストールします

 

 

 

 


完了後

サイトURLサイトが表示

管理者ページURLWordPressのダッシュボードへ進めます。

 

WordPress管理者ページ

ユーザー名とパスワードを入力して、管理画面へ入ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ログインするとダッシュボードが開きます

 

 

 

 

 

 

このダッシュボードから、ブログの新規投稿や設定の変更など様々なことができます。

 

WordPressのテーマとは、デザインのテンプレートです。

インストール済みのテーマも入っています。

ダッシュボード

①外観

②テーマ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

インストール済みのテーマの1部です↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

テーマの「ライブプレビュー」をクリックして確認すると、どんなテンプレートか表示されます!

ネットで「WordPress無料テーマ」と検索すれば、無料でステキなテーマが見つかります。

上部のテーマの右にある「新規追加」をクリックすれば、新しいテーマを追加できます。
WordPress内で気に入ったテーマがあれば、

インストール

有効化します

こちらのサイトは無料のテーマcocoonで作成しています

有料のテーマも色々あります。

メリットは有料の方が、見栄えが良く作業もしやすいので、時短できることですね。

プラグインを追加する

プラグインとは、WordPressの機能を追加してカスタマイズすることができる便利な、拡張機能です。

あまり色々プラグインしすぎても、互換性の問題等ありますし、速度が遅くなる原因になります。

慣れてきたら随時プラグインを追加していけば良いと思います。

サイトのSSL化のプラグインを紹介いたしますね。

ロリポップログインします

セキュリティー独自SSL証明書導入


独自SSLのお申込み・設定方法(無料)マニュアルはこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

申請後、独自ドメイン状態がSSL設定作業中」に変わります。

数分でSSL保護有効」になります。

SLL
で保護されているドメインが「SSL保護有効」に変更されたら

WordPressログイン

Really Simple SSLをプラグイン

今すぐインストール

 

 

 

 

 

はい、SSLを有効化しますをクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

SSLを有効化しました。

ダッシュボードに、反映されているか確認してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

次に

設定一般https://に書き換え 変更を保存完了

 

 

 

 

 

 

 

 

 

拡大すると

 

 

 

新しいバージョンのWordPressですと、https://になっているはずですが、もしhttps://に変更されていなければ、手動でSを入力してくださいませ。
以上でSSL化、完了です。

お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました