これからは、リモートワークが主流になる

未分類

これからは、リモートワークが主流

その昔、在宅勤務をする人は通勤出来ない社会の不適合者と言われた時代もあったが、現在はむしろ崇高な勤務体系になっている?

新型コロナの影響で、通勤電車の中の密集した環境で感染拡大がされる恐れがあった事から、多くの会社員が在宅勤務やリモートワークを余儀なくされた3ヶ月でしたが、ここにきて感染の拡大が沈静化しつつあると言う事で、通勤する会社員も戻ってきている様です。

それでも中にはリモートワークにした方が会社の運営の効率が良くなった所も多かった様で、会社のフロアを縮小して基本的に在宅での仕事に切り替えて行く会社が徐々に増えつつある様です。

こんな感じで最近は、家で仕事をすると言う業務体系が徐々に普通だと認識され始めているのですが、以前は在宅勤務しか出来ない人に対して向けられていた目は、社会不適合者的なレッテルだった事を認識して欲しいですね。

かつての在宅勤務と言うと、内職仕事をしているかまたは手持ちのパソコンで下請けの仕事をするなど、普通に通勤出来ない何かしらの疾患でもある人?と言った目を向けられがちでした。

病気をしていて身体が弱くて通勤出来ないとか、何かしら身体や精神に欠陥がある人が在宅勤務をしていると思われていた時代が長かったので、これでようやく在宅勤務が本当は崇高な勤務体系だった事を理解してもらえた?かも知れません。

また、外に出かけないで家の中だけで仕事を完結させられると言う事は、それ相応のスキルが無いと個人では実現不可能だと言う事も付け加えて欲しいですね。

高スキルで在宅で仕事をしている人の例として、漫画家や画家や小説家が挙げられると思います。

これらの職業は、絵を描く事や文章を書く事に特化した職業で、昔から家またはスタジオなどの室内で仕事が完結する崇高なる業務体系を成しているのです。

これからの時代は在宅で仕事をするのが主流になって来ると思いますが、通勤しなければ仕事をしていると言えないと思っていた人は、そろそろ考え方や思考の方向性の転換をしてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました