意外と気を付けて欲しいのが、梅雨時の方が熱中症になりやすい

梅雨

梅雨時の熱中症

晴れていて暑い日にはよく救急車の音を聞く事がありますが、あれは多分熱中症になった人が搬送されていると考えて良いかも知れません。
暑さで体温を下げるのが追い付かないとか、暑い中で台所のコンロ前でジュージューとフライパン調理していると、コンロの熱と気温とのWパンチで、確実に熱中症になりやすいので要注意ですね。

しかし最近は気温も少し涼し目の梅雨の時期に突入したので、これで熱中症になりにくくなっただろう?と勘違いしている人が多いのですが、実際は梅雨時の方が熱中症になりやすいのです。
熱中症になりやすい原因の一つに、梅雨の時期は湿度が高いので汗の蒸発速度が遅かったりします。

エアコンの除湿機能がおすすめ

汗がすぐ乾けば気化熱で体温を下げやすいのですが、湿度の高い状況では汗が蒸発しにくいので熱が下がらず身体に熱がこもって熱中症になりやすくなってしまうのです。

なのでこの時期はエアコンでは冷房ではなく除湿を使う様にすると、汗が乾きやすくなるのでお勧めです。

エアコンが無いと言うお宅は、扇風機を首振りにして部屋の空気を循環させて行くのが得策です。

それと、暑いと感じたら常時冷たい水を飲む事も身体の中から体温を下げる事に繋がるので、こまめに水分補給をしながら対処して行きましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました